ジョン・カリー選手 1976年 『ドン・キホーテ』オリンピックでのフリー演技 (備忘録)

今から39年前・・・
昔々
オリンピックのフリープログラムで、ジョン・カリーという選手が『ドン・キホーテ』というバレエ音楽で演技してました。
これが金メダル演技でした。
ジャンプだってトリプルとかダブルくらいしか出ないし
日進月歩の技術だったんだ~~~とあらためて思えます。

男子フィギュアは
2000年代…日本では高橋大輔が出現するまで それほど注目されず 女子が終わってしまうと次に男子演技があるにもかかわらず観客が帰ってしまう状態だったそうです。
高橋選手はそのことを大変悔しく思い
頑張る原動力になったっていうのをネットで読んだ覚えがあります。
   
話は戻りますが
ジョン・カリーは
ポージングがバレエで ピタッと決まって
引退してしまったステファン・ランビエールとか町田樹を思いださせる演技の人。
衣装も ランビエ-ルが着ていたタイプ。
こういうタイプの人は
競技の大舞台が終わると引退してしまうのでしょうか・・・(+o+)

「自分のやりたいフィギュア・スケートは、こういう競技の枠では表現できない。」

と言ったかどうかは知らないけれど
確かにジャッジされるし
規則に縛られるけれど
e0291281_15424160.jpg

競技のダイナミックな美しさはあるのですがね~~~
それにしても私の好きな表現派のスケーターの方々は実にあっさりと競技には見切りをつけられます。
39年前のジョン・カリーさんも。

コチラ↓動画主様ありがとう!1976年オリンピックフリー演技『ドン・キ・ホーテ』ジョン・カリー
https://www.youtube.com/watch?v=djadlQLK_ow

ちなみにこちらは35年後2011年ゴールデンスピン杯(ザグレグ)での町田樹『ドン・キ・ホーテ』ランビエール振付
表現派を継いでますよ。
https://www.youtube.com/watch?v=29pZYUvo8Hk

共に 金メダルです。




[PR]
トラックバックURL : http://mog11sae.exblog.jp/tb/23481374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Cody at 2015-07-29 06:55 x
カリーさん、なんて軽やかで優雅な…
ラスト近くのイーグルが見事‼︎
町田君、この頃はまだ体操的だね。最近うーんと体重しぼってるのは、カリーさんみたいな軽やか系を目指してるのかな
Commented by mo8_a29 at 2015-07-29 07:40
町田くん この頃ランビさんに出会って意気投合したらしくちょいとランビ色出てると思うが…力強いけれどじわじわ変わってるよ。私は町田びいきだからな…(^_^;)
カリーさんのような演技って、本当はタフじゃなくては出来ないのじゃないかな。町田くん体重を減らしてしかも筋肉をあんまりつけないで優雅に(あの重いスケート靴で)踊るのは至難なのかもね。美しいバレエを氷の上で踊ってほしいものだ。
by mo8_a29 | 2015-07-29 00:23 | ジョン・カリー | Trackback | Comments(2)

備忘録。フィギュア・スケート 美術館に行ったこと 音楽 日々感じたこと書いてます。町田樹が気になってます。


by moグ