『ディレイド・アクセル』 という技

羽生選手が エキシビで『白鳥』をほとんどジャンプ無しで滑ったプログラムにウットリしていたんですけど…

あるブログで 
そのプログラムの中で羽生選手が飛ぶ 1回転ジャンプのことを書いている方がいて

ー競技だったら点数にならないので、今だったら絶対入れてこない技なのですが、高くてとても綺麗なその技は
かつてロビン・カズンズという選手が跳んでいた 『ディレイド・アクセル』 という技です。ー

羽生選手がもしかしたらトリビュートしている ということを書かれていました。

なるほど 前向きで高く跳ぶ(入るときに足をまっすぐ高く上げているのでスケート靴では難しいのでは?)アクセルジャンプですぐには回転せず、遅れて(ディレイ)1回転するんだけれど全然冗長な感じではない バレエジャンプのような技です。すぐには回らず一拍ずらす感じです。

そんな技があったなんて知りませんでした。


ロビン・カズンズさんが『白鳥』を演じている動画ありました。3分までがこのクラシック曲です。
コチラ↓動画主様ありがとうございます。
https://www.youtube.com/watch?v=Xt7uF7pFQ04



[PR]
トラックバックURL : http://mog11sae.exblog.jp/tb/24848550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tarukosatoko at 2016-11-07 21:34
ディレイドアクセルっていうのかー( 〃▽〃)
失敗したんではなくて、あえて一回転のアクセル、すごくきれいでした。
Commented by mo8_a29 at 2016-11-08 08:20
> tarukosatokoさん
点数にならないから 最近みないですよね。あっ失敗?なんて思いがちだけど ちょっとタメのある 高いジャンプ!
by mo8_a29 | 2016-11-07 17:01 | フィギュア・スケート | Trackback | Comments(2)

備忘録。フィギュア・スケート 美術館に行ったこと 音楽 日々感じたこと書いてます。町田樹が気になってます。


by moグ