波止場

1955年 エリア・カザン監督
マーロン・ブランドが、ボクサー崩れのゴロツキでヤクザの手下。

港湾労働者を取り仕切っているのはヤクザのボスで
e0291281_0231619.jpg

いろいろと上前をはねている。
そんな 既得権を手放すまいと・・・都合の悪くなった人を殺すことも厭わないボス。
マーロンの兄はそんなボスのナンバー2。
兄弟の父親が死んでからそういう道を歩む。

港の労働者たちは、ボスの報復が怖いので数々の不正を黙っている。

そして、冒頭 マーロンはボスの片棒を担いで・・・友達を死に追いやる。
ただ、屋上におびき寄せただけだが。

友達の妹が嘆き悲しみ、
その妹に 初めて心惹かれる。
その女性もやがて彼の純粋さに惹かれる。
しかし、
何も変わらない。

警察は事情を聞きたがる。
純粋なマーロンを危険視したボス。
ナンバー2である兄は弟を始末しなくてはならなくなる。
そんなことは出来ない兄。
自分が始末される。
マーロンはただのゴロツキとしてピストルを持って報復しようとする。
しかし・・・・

警察の聴聞に対し答えた。

それにより ボスの立場はなくなったのだが・・・

ボスを恐れる 労働者たちはマーロンを村八分にする。

そして、
マーロンはなにかを決意して
港に
いつものように働きに出る。
マーロンの行動を見た 労働者たちは・・・
この行動が問題なのだ。

以上 

友達の妹とのやりとりとか映画的。

ただのゴロツキが 大事なものを失って やっと目覚めるドラマだった。
目覚めたら全然迷わないのがすごいと思った。

というか・・・
オールド映画は結構 設定が唐突だったりする。
しかし、打たれるものがある。

一番好きなシーンは
友達の妹と話していて
この女性の手袋を それとなく手に持って
自分の手に付けてしまうところ。
ちょっと 色っぽい。

ちょっと寂しげなマーロン・ブランド。
[PR]
トラックバックURL : https://mog11sae.exblog.jp/tb/19764242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cody at 2013-02-09 18:59 x
これも有名だけど、まだ観てない作品のひとつだ!
「名場面特集」で、最後マーロンがボコボコにされながらも(ボスに?)迫って行くところだけ観たけど。
いつか観ないと〜
こっちには、インターネット・レンタルDVDって無いんだよね。不便。
Commented by mo8_a29 at 2013-02-10 07:35
おお インターネット・レンタルDVD 使ったことないけど・・・
便利だよね。
その手があるか。

マーロン
このとき母親が死んで ダメージで午後4時ころ撮影所からいなくなるんだって。精神科に行ってたらしい。ウイキからの情報。
マーロン 私の母がかっこいいって言ってたんだよね。波止場の・・・
寂しげなのがグッと来たのかな。
by mo8_a29 | 2013-02-09 00:38 | 映画 | Trackback | Comments(2)

備忘録。フィギュア・スケート 美術館に行ったこと 音楽 日々感じたこと書いてます。町田樹が気になってます。


by moグ