私の初めての産後

23年も前のこと。

大体 産後というのは実家に帰ってゆっくり休むのが平均だ。中には遠すぎる実家とかすでに親の亡くなってしまった人はヘルパーの人を頼んだり配偶者の協力を得て乗り切る人もいる。
私は当然実家があったのでそちらにお世話になるつもりでいたしお世話になってしまった。2週間くらい。

私は全然自閉症の弟のことなんて念頭に無かった。

しかし、後から聞いたのだが母はどうするか悩んだらしい。母曰く「だって〇〇はフーテンじゃない。赤ちゃんが心配でしょ。」とのこと。

もともと弟は穏やかな人なのだが。

母は、「お姉さんが赤ちゃん連れて泊まりに来るからね。赤ちゃんに触るんじゃないよ。」くらいの事を毎日のように教えていただろうと思う。
弟は弟で作業所の大好きな先生に「お姉さん泊まりに来るの。赤ちゃんも来るの。」と伝えたりしたそうで先生から後で「〇〇くんがお姉さんと赤ちゃんが来るって楽しみにしていましたよ。」と伝え聞いて弟が楽しみにしていてくれるなんて意外だった。
実際 弟は朝になると私の居る部屋の入口に来て律儀に挨拶をして去っていく。そんな行動の弟がうれしかった。本当に普段は無関心そうなのだけど・・・朝の挨拶とか時々見に部屋の入口まで来てちょっと安心していたようだった。
しばらくしてわたしの娘の名前を呼ぶようになる。「〇子は寝てるの。」と無機質にポツリと言って安心して去って行った。作業所の先生にきっと「〇子っていうの。」と報告したらしく先生も娘の名前を知ることになった。

ホントに弟は気持ちとか感情を表現するのは苦手だ。やさしさは感じたけれど。
[PR]
トラックバックURL : https://mog11sae.exblog.jp/tb/22148050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cody at 2014-06-28 21:41 x
良い話だね!
弟さん…壊れたロボットの中にいるとしたら、その中から彼なりの愛情、心配りを表現してたんだね。
実家のみんなで豊かで想いで深い2週間をプレゼントで来てよかったね〜。
Commented by mo8_a29 at 2014-06-28 21:57
ありがとう~~~
東田直樹さんのいうように、壊れたロボットの中にいるんだね。弟は・・・・・・・・
by mo8_a29 | 2014-06-27 00:41 | Trackback | Comments(2)

備忘録。フィギュア・スケート 美術館に行ったこと 音楽 日々感じたこと書いてます。町田樹が気になってます。


by moグ