続 ヴァロットン展

ヴァロットンが25歳のとき版画の連作を描くと宣言して友人の音楽家をモデルにして木版画の連作をしています。
これは、日本の浮世絵に影響を受けて描いたらしいです。1890年でのパリでの浮世絵展に影響を受けたらしいです。
とても現代的なモノクロ(白黒の)の作品です。10ある連作の一つ
e0291281_09488.png

1896年 Ⅱフルート(木版)
音楽家シリーズは好きです。
[PR]
トラックバックURL : https://mog11sae.exblog.jp/tb/22193043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cody at 2014-07-12 07:08 x
そういや日本的で、ビアズリーに通じる物があるね。
時代も同じだし。
Commented by mo8_a29 at 2014-07-12 10:04
ビアズリーが英国でモノクロームの『サロメ』とか描いていたけど線が強いしやっぱ浮世絵の影響ぽいなググってみよう。
そういえば、この展覧会前の一号館美術館で『The Bueatiful展』というので あまりスポットの当たらない世紀末の英国美術をとりあげていたけど・・・英国って19世紀末は工芸で有名だよね。ウイリアム・モリスとか。アールヌーボーだろうか。
by mo8_a29 | 2014-07-12 00:24 | 美術 | Trackback | Comments(2)

備忘録。フィギュア・スケート 美術館に行ったこと 音楽 日々感じたこと書いてます。町田樹が気になってます。


by moグ