1979年の安部公房スタジオのパンフレット

最近の父親の様子を見に行って・・・・
思ったより元気そうで良かったのだけど・・・
ほっとしたついでに・・・
片付けてあげたり料理を作ってあげたりするのが 良い娘であるけれど
片付けるほど物が無いし・・・私の料理じゃお気に召さないだろうから『寿司弁当』を買ってきて
父・弟・ダンナ・私で食べて
近況を話しておしまい。やっぱ~孫の顔が一番だから「今度連れてくるから。」と納得してもらう。

後は2階の元私の部屋で 昔読んでいた本とか雑誌とか見ていた。

1979年 たまたま行くことが出来た 渋谷の西武劇場で行われた安部公房スタジオの『仔象が死んだ』のパンフレットが出てきた。
丁度、アメリカとかヨーロッパを巡回して 成功をした後の『凱旋公演』でもあったらしい。
しかしこれ以降上演することが無くなってしまった。

70年代は有名な小劇場がたくさんあり活躍していた。

寺山修司の『天井桟敷』
唐十郎の『赤テント』
太田省吾の『黒テント』
鈴木忠治の『早稲田小劇場』
そして
安部公房の『安部公房スタジオ』

しかし 安部公房の劇団だけは俳優座との縁があり何かちょっと違っていた。
私が観た頃には山口果林だけはTVで有名だったけれど後は安部公房スタジオで鍛えられた俳優ばかりだったけれど・・・
田中邦衛・井川比佐志・新克利とかの新劇俳優が出演していた。


小中学生だった私はアングラ劇団群のその怪しさに惹かれたものだったけれど
観ることは無く・・・・・・やっと大学生になったのが 1979年 

この年の5月に寺山修司の天井桟敷による『レミング 世界の涯まで連れてって』(晴海国際展示場)を観た。

その後の7月 安部公房スタジオ(西武劇場)を観た
『イメージの展覧会』

e0291281_133422.jpg


この 抽象彫刻みたいな舞台は 後にも先にも観たこと無い。
舞台全体が白い大きな布でクシャクシャに覆われていて
ある一点が光り
立ち上がり
付近を警戒しているのか見回しているように動きだす。いつの間にかあちらこちらから光る眼は立ち上がり舞台全体が観たことのないような生物と化す。

その時の音楽は、安部公房自身がシンセサイザーで創った音だったそうだけれど覚えていない。(安部公房自身は『ピンクフロイド』が好きだったそうだ。)

この冒頭のシーンは覚えてるな。

この舞台全体の生物を表現する 美術の安部真知さん も凄い。
表現している俳優たちも凄い。

演劇はアンサンブル。演出家というリーダーがいて確かに成り立つけれど ひとつの役割が不能になってしまうと完璧な感性を表現出来なくなる。
[PR]
トラックバックURL : https://mog11sae.exblog.jp/tb/22223173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cody at 2014-07-24 01:55 x
う〜ん、良いな、良いな。すごい面白そう‼︎ moグさんは大学時代たっぷりアートを吸収したんだね!
まーワテもそれなりを色々観たけど演劇は行かなかった。良い演劇はmoグさん等がが卒業後連れて行ってくれたモノだった。ワテももっとmoグさんにくっ付いて演劇に行けば良かったな〜。
ロシアアニメに凝っている人達もいて、変わった趣味だな、と思ってたが、パリに来てユーリノルシュタイン等の素晴らしい作品に接して、やはり彼女達にくっ付いて行けば良かった、と後悔。
ま、でも、当時の私にはまだ吸収力が無く、機が熟して無かったのかも、だけど。
Commented by mo8_a29 at 2014-07-24 07:49
いや
私はロックとか音楽とか全然アンテナ無かったし
Michael のOff the Wallの年だったのに
遠くで聴いてた。
良さがわからない時ってある。
田舎の高校で文化に飢えてたから(他の同級も) 
「これって本物~~~!!!」
なんて 他の子と共有してたのさ。
それで田舎高校時代母が何でか『美術手帖』という雑誌をとってくれていてほとんど興味無いけど
演劇欄だけは意味も解らず読んでいた。赤テント・黒テント・天井桟敷・早稲田小劇場・安部公房スタジオ・・・etc
そんなの見てたから・・・・・
丁度 周りの同級生が誘ってくれたら・・・行くでしょ~
そんな大したこと無い動機だよ~
Commented by cody at 2014-07-24 22:48 x
moグさんのお母さんはすごい!やはり同じア-チストだね。

RCサクセションとかは思いっきり行ってた。
「愛し合ってるか-い」「イェ-!」とか今思うと恥ずかしいぜよ、、、(汗;

そ-いや若い頃は、計画的に美術展や映画に行く人を「人生仕切り過ぎ」と思ってみてた。ま-あの当時の自分にはそれが正解だったのだろう。
今後は残り少ない人生思いっきり仕切って、悔いのないように、この世の良きもの...映画でも美術でも音楽でも...味わっておきたいと思うよ。出来るうちに。
by mo8_a29 | 2014-07-22 15:41 | 日記だけど演劇 | Trackback | Comments(3)

備忘録。フィギュア・スケート 美術館に行ったこと 音楽 日々感じたこと書いてます。町田樹が気になってます。


by moグ