ローマンコンクリート

今のコンクリート(ポルトランドセメント)は耐用年数が50年くらいだそうで・・・私の住んでるマンションなど後30年したらボロボロしてくるのだろうか。
しかしローマの偉大な遺跡パンテオンなど2000年も耐用している。
ローマの皇帝が創ったのだからその権力でどうにでもなったなんて言ってしまえばそれまでだけど。
兎に角科学的に分析してみるとローマ帝国滅亡以来使われたことの無い素材で・・・
ローマンコンクリートと呼ばれるものだ。固着剤がアルミニウム系で圧縮にも引張りにも強いそうだ。
現在のものは固着剤が石膏系で圧縮には強いけれど引張りに弱いそうで鉄筋とか鉄骨を入れて強化している。

パンテオンはこのローマンコンクリートを深さ4.5m基礎で使い下部は石材と混合で壁厚は6mにもおよび上部に行くに従い壁厚が減少しドーム上部では凝灰岩と軽石の混合で1・5mになるそうだ。この構造でひび割れも何もない頑強さを保っている。2000年も。
e0291281_22292011.jpg
e0291281_22285442.jpg
ここまで頑強素材がコンクリートなのか?と疑ってしまうが『ジオポリマー』と言う無機質プラスチックに近いらしい。この素材で作ったコップをコンクリートに落としても跳ね返ってしまうようなものらしい。
その他ローマの巨大建築物とか水道橋などインフラにも使われたようだ。

こんな丈夫ないろいろな形の出来る素材。ローマ時代ではセンスのある実用性のある美しい建物を創られるのに使われ・・・今日私たちも観ることが出来る。
つくづく建築家って責任重いよな~~と思う。もしかして壊せないくらいの建築物だったのでは。。。。













[PR]
トラックバックURL : https://mog11sae.exblog.jp/tb/22569475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by j-suguita at 2014-11-16 03:39
え"、コンクリート!

あの壮大な(おそらく厚みもあるだろう)ドームが鉄骨もないコンクリートの固まりとは…
イタリアも日本同様地震があるけど「圧縮にも引張りにも強い」という事で、柔軟性が耐震性を高めてるんだろうね?

そういや東寺の五重塔も釘一本使ってないんだよね?
(昔法隆寺も使ってない…って聞いたが、この機会にググったら「極めて純度の高い和釘」が使われてるらしい)

今、古代の手法ですごーく時間をかけて建造物を作る余裕はないから、鉄筋を入れる、釘を使う…という事になるんだろうね。

奴隷がいないから仕方が無いのか…
もちろん奴隷がいない方が平等で良いんだけど。
Commented by mo8_a29 at 2014-11-16 22:44
高度な技術が偶然火山灰を原料にして出来たってことらしいけど・・・いまだローマンコンクリートは再生されてないようだよ~『パンテオン』は10年かけて創られたそうだから・・・もしかして渇きがとても遅いコンクリートなのかもね。
日本の木造建築も大工さんの高度な技術でもって・・あと莫大な権力で時間かけて創られて
寺院とかは奈良時代から今だに保存されてる。
by mo8_a29 | 2014-11-14 23:06 | 建築 | Trackback | Comments(2)

備忘録。フィギュア・スケート 美術館に行ったこと 音楽 日々感じたこと書いてます。町田樹が気になってます。


by moグ