20年前 の長野オリンピック キャンデロロ選手の『三銃士』の世界

20年も前のオリンピック 1998年開催 長野オリンピック。

男子フィギュア・スケートの演技です。
フランスの (イタリア系)フィリップ・キャンデロロ選手
この時、足首の怪我からの復帰戦だったそうです。
ダルタニヤンに扮したキャンデロロ選手。

この放送 私は小さかった子供と夫と見た覚えがあります。(夫を始め2~3歳の子どももTVに釘付けでした!(^o^))
普段 フィギュアに興味のない人も取り込んでの大盛況。スポーツなのだけれど芸術?というよりエンタメ!?演劇!?
NHKのアナウンサーの実況が 懐かしい いい感じです。(昔の実況アナウンサーという感じが好きです)

ブログで 前にもあげたのですが 鮮明なので。

コチラ↓動画主様 ありがとうございます!!!

https://www.youtube.com/watch?v=xGsOwF3bcNI
銅メダルです。
この頃 花を投げ込んでよかったし Kiss&Cry にまでぬいぐるみや帽子を投げ込んでます。



キャンデロロさん 子供の頃からフィギュア・スケートの練習していたけれど 12歳くらいまで 点数とかに少しも興味が無かったそうです。勝負としての競技と思って無かったということ。コーチが才能を見越して自由に練習させていたのでしょうか。恵まれていますね。



そして 長野オリンピック以前も 
『ゴッドファーザー』のコルレオーネ を演じています。ちょっと 演劇みたいな特異な感じの演技。氷に座っている状態でのスピン。これは今では反則になってしまうそうです。スピード感より演技優先。 
コチラ↓1994年 21歳 リレハンメルオリンピック 動画主様ありがとうございます!
https://www.youtube.com/watch?v=LElbwFd5X0w






[PR]
トラックバックURL : https://mog11sae.exblog.jp/tb/26547310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mo8_a29 | 2018-01-10 13:35 | フィギュア・スケート | Trackback | Comments(0)

備忘録。フィギュア・スケート 美術館に行ったこと 音楽 日々感じたこと書いてます。町田樹が気になってます。


by moグ