行ってきました。PIW!4月28日11時の回。

e0291281_13092562.jpg
e0291281_13101763.jpg

PIWのチームの人達の前回より攻める感じが伝わってきた。
回を重ねるごとに良くなっていくのだろう。アンサンブルもシンクロも。
前回前々回も横浜公演を観てから東京公演を観るとチームの演技が磨かれてる感じが伝わってきた。


友野一希くんのプログラムは 最初 ロボットダンスで・・・あれ?!と思った。 ”ダフト・パンク” の音楽。一緒に行った友人が「友野くんは 踊れるよね。」と言っていた。スケートでこういうジャンルのリズムにも乗れる 踊れる友野くんだった。
(私ごとだけど"ダフト・パンク"が好きだから嬉しかった。ファレル・ウイリアムズとのコラボとか好きだったし映画『トロン』の音楽も良かった。)


あと 樋口新葉ちゃんも5分間も(ツイッターで知りました) マイケル・ジャクソンを踊っていて~~~ 力強かった。



そして 町田樹さんのプログラムは

冒頭 梟の鳴き声と肩の動き・・・「コンテンポラリーダンス?」というところから 『ボレロ』の冒頭音楽 「ボレロだ!かっこいい!」と友人。私も「へぇぇ?!」なんて変な声がを出してしまい申し訳ない。意外すぎて。

丁度昨年秋 ベジャールバレエの『ボレロ』を観に行ったり 今年『萬斎ボレロ』を観ようかどうしようか考えてやめて・・・結局youtubeしか観ていないけれど・・・ 
ジョルジュ・ドンのボレロ シルヴィ・ギエムのボレロ youtubeで観ていたから うれしいな~と思う半面 スケーティングしながらのこの音楽は?と思っていた。
どのダンスも 小さな場所でダイナミックに踊る。そして 最初から最後まで同じリズムで押していく音楽。踊り手の実力が問われると思う。この演目が出来る人は限られそうだ。「すごいな。まっちーは挑戦するか。」と。

とにかく 町田樹さんの踊りをガン見してしまって 全体を見損ねている。
ツイッターで ”観客の老齢の男性が「夢を見ているみたいだ。」と言っていた。” ということを呟いていた人がいた。
夢を見ているみたいかも知れない。
この『ボレロ』という音楽のクライマックス!踊り手は消えるという演出 しっかり見ました。 
後で町田樹さんのアーカイヴを観たら 解説がされていてなんとなくホッとした。友人と「あんな全力でやっていて・・・最後は暗転バッタリしていて崩折れていたよ。楽まで持つんかね~」なんて言っていた。あれはそういう物語で演出。

毎年 「へぇ~?!」と驚いて 真っ白状態で観ているから。。。

5月5日に もう一度観てきたいと思う。




[PR]
トラックバックURL : https://mog11sae.exblog.jp/tb/27229177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tarukosatoko at 2018-05-01 16:03
mo8さんの記事を待っていました!
様子が伝わってきましたよ(*^^*)
こちら、ボレロ、というだけで、盛り上がっています。
わくわくです。
真っ白状態になるっていうの、最高の時間ですね。

チームの演技もまだみたことがないので、見たいです!

5月5日にもう一度、幸せですね~✴
Commented by mo8_a29 at 2018-05-01 17:14
> tarukosatokoさん
いやぁ~~伝わりましたか?
ボレロ は意外でした。ボレロの最後の踊る人が消える!というところをすっかり忘れて見ていたから またまた意外でしたよ。
そう スケーターの群舞と シンクロ tarukosatokoさんの観る滋賀公演の頃はもっと進化していると思います。
また いくなんて 贅沢です(^_^;)
by mo8_a29 | 2018-05-01 13:10 | フィギュア・スケート | Trackback | Comments(2)

備忘録。フィギュア・スケート 美術館に行ったこと 音楽 日々感じたこと書いてます。町田樹が気になってます。


by moグ