大阪のりんすぽの リンクのサイズが国際規格(60m☓30m)になった!


『大阪府立臨海スポーツセンター』は、大西コーチが立ち上げたようなものだったのですね。

大西コーチが以前のスケート場が閉鎖になってしまうため 南海電鉄さんに相談してスケートリンクを探してもらい『高師浜駅』近くの閉鎖していた『りんスポ』を紹介してもらい修繕してもう一度開館したそうです。なかなか年季の入った建物だったようです。

その 『りんスポ』は何度かの閉鎖の危機を乗り越えて 

今回2018年4月9日(月)から耐震工事に取り掛かり 9月29日(土)にまた生まれ変わってオープンするそうです。

そして なにより・・・国際規格を下回っていた58m×27mのアイスリンクが 国際規格の60m×30mになるそうです!



関西地区でリンクが次々閉鎖された時・・・まだ関西大学のリンクが無かった時 高橋大輔さんや織田信成さんも使っていたそうです。
高橋大輔さんは りんスポ閉鎖の危機に随分活躍されたようです。



あの町田樹さんがソチ五輪を目指していたリンク。
その一年前に 町田さんのお友達だった吉田行宏さんのホームリンク 
それと ノービスの山本草太選手が大西先生から基礎を叩き込まれていたリンク。


これらの情報は 全て以前からフィギュアファンだった方のブログ情報です。
大阪日日新聞などの情報を丁寧に載せてくれたり
大学一年のまっちー(町田樹)とゆっち(吉田行宏)の二人のインタビューをしてくれたファンの方のブログがソースです。
そんな物語(実際のことだけれど)があったことを知ることがとても楽しみです。今でも。ありがとうございます。昔からのフィギュアファンの方!



[PR]
トラックバックURL : https://mog11sae.exblog.jp/tb/27557459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by j-suguita at 2018-09-20 22:12
そうなんだ、こんなにフィギュアが人気なのに、なぜリンクが閉鎖になるのかわからなかったけど。
ともかくめでたい!
Commented by mo8_a29 at 2018-09-20 23:39
> j-suguitaさん
スケート場がたくさん出来たのはバブルだったことも理由の一つじゃないすか。
バブル時にたくさん出来たスケート場のひとつでフィギュアを始めた子供の一人が町田くんだよ。氷に乗るチャンスがあったからスケーターになれた。
by mo8_a29 | 2018-09-20 07:59 | フィギュア・スケート | Trackback | Comments(2)

備忘録。フィギュア・スケート 美術館に行ったこと 音楽 日々感じたこと書いてます。町田樹が気になってます。


by moグ