今日 Kカンパニーの浅川紫織さんの演技をみてきます。

以前(3年前) 初めて観たバレエが Kカンパニーのバレエ

『海賊』

ダイナミックな男性ダンサーの踊りが多く
その中で
とても悲しげな 捉えられた女性の後宮の踊り 
うっとり しました。
なんの 意識もなく こんなに記憶に残る踊りが出来るダンサーは 浅川紫織さんでした。
ずっと 怪我の痛みを抱えながらの 上演だったようですが 素晴らしかったです。
私はその たった一回した観たことがないです。

春に Kカンパニーの熊川哲也さんが 「愛弟子の浅川紫織の最終公演をします。」という発表をしていて
10月の『ロミオとジュリエット』ということで・・・

なんで、10月に 最終公演が多いのか! と思いましたが

見納め ばかりの10月です。(T_T)

プロコフィエフの音楽も楽しみです!

オーケストラの演奏ですからね。なんて贅沢なんだ・・・と思います。グランド・バレエ ですよね~~
襟を正して 観て聴いてこよう。



[PR]
トラックバックURL : https://mog11sae.exblog.jp/tb/27592865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mo8_a29 | 2018-10-12 08:56 | バレエ | Trackback | Comments(0)

備忘録。フィギュア・スケート 美術館に行ったこと 音楽 日々感じたこと書いてます。町田樹が気になってます。


by moグ