人気ブログランキング |

2019年 PIWチーム『Swan Lake』 町田樹解説

町田樹さんの解説で
PIWチームの
『Swan Lake』 

やはり 
PIWチーム押しの町田さんだからこそ 結構厳しい言い方もありますが
然し スピード感のあるフィギュアならではのフォメーションにバレエにはないアンサンブルの可能性を示唆しています。
私も、交差する演者たちの速さには目を奪われます。
確かに フィギュア・スケートには爽快感があります。


厳しい言い方と言いましたが それは普通に改善点があるということです。

当然、今ここまでに到達するにはとても鍛錬されているでしょう。フィギュアスケートをする人の努力は尊敬します。

改善されれば もっと美しくなるでしょうし そんなPIWの演技は見てみたい。



やはり 町田さんは フィギュアスケートの舞踏としての可能性をとても感じているのでしょう。 
群舞での美しさも極めてほしいと思います。アンサンブルの美しさでの一番。目指してほしいです。

コチラ↓動画主様ありがとう!
https://www.youtube.com/watch?v=sRwGHwQFWoU




トラックバックURL : https://mog11sae.exblog.jp/tb/28493838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tarukosatoko at 2019-07-31 20:21
フィギュアならではのフォメーションというのは、すごい可能性がありますね。群舞、本当にきれいです。
PIW2019、気がつけば、たくさん動画が出ていて、思わずどんどん見てしまいました。こういうのがつながって、文化に育ってほしいものです。
この解説を聞いていると、町田さんは何か構想を持っておられるようにも感じましたが、それが何かはわからないですが、楽しみですね。
Commented by mo8_a29 at 2019-07-31 22:12
> tarukosatokoさん
町田さんは、今は舞踏の方はトレーニングもしているし教えてもいるようですね。もともと踊ることが好きだったのですね。子供の時から練習してきた愛着のあるフィギュアスケートを(芸術だけれど)ひとつの仕事としてエンタメとしてもっとメジャーに押し上げたいのでしょうね。
どんなふうに 花開くか?楽しみですね。
by mo8_a29 | 2019-07-31 17:03 | アイスショー | Trackback | Comments(2)

備忘録。フィギュア・スケート 美術館に行ったこと 音楽 日々感じたこと書いてます。町田樹が気になってます。


by moグ